Skip to main content

HOME  会社案内  事業紹介   お問い合わせ  レポート  クリエイター  Créateurs  Français  English   
 
 
 
エスパスミューズ グローバル・クリエイターメンバーズクラブ
【GCMC Espace MUSE】
ミッション
 

1.クリエイター、市民、企業メンバーの分野や国境を超えた出会いと交流の創造

2.多様なクリエイターの表現の場の提供

3.人々が日々に“AMUSANT!” (フランス語で“楽しい!”)を発見できるような場の提供

4.「メセナのデモクラシー」の推進による文化・芸術活動の促進


 

古代の祭礼・儀式、中世の権力維持や豪華趣味、そして近代のプロパガンダと、歴史を紐解くと、文化・芸術はあらゆる目的で利用されてきたことがわかります。現代では、文化・芸術を投資やビジネスとして扱う側面が強くなる一方で、文化・芸術は、感動、生きる喜び、インスピレーションの泉を世界中の人びとにもたらしています。一部の権力者の特権から、誰もがアクセスできる権利へと、文化・芸術は変化してきました。

 

こうした大変喜ばしい変化は、しかしながら同時に困難ももたらしています。かつては、一部の権力者が莫大な富をつぎこみ、気に入った芸術家や文化人を保護した結果、人類史に残る偉大な作品が誕生し、その感動や恩恵がわたしたちにもたらされています。しかし、民主化が進む現代では、かつての規模のメセナを探すことは困難になっています。クリエイターがその才能を開花したり、制作を続けていくためには、新しい手法が求められています。

 

この課題をクリアーするために、エスパスミューズ グローバル・クリエイターメンバーズクラブ【GCMC Espace MUSE】では、上記4点をミッションとしております。

 

フランスの政治家で行動する作家であったアンドレ・マルローは«Paroles et écrits politiques≫の中で、≪La culture n'est pas une accumulation des valeurs du passé, elle en est l'héritage conquis.≫(文化とは、過去の価値の集積のことではなく、その中で勝ち取られた遺産である)と言っています。つまり、文化とは静的・固定的に分断された”正解”を守っていくことではなく、その時代時代の人びととがあらゆる出会いと相互作用の中で”創造していくもの”であるということです。

 

“勝ち取られた遺産”を創造するアクターは、クリエイターはもちろんですが、現代において重要な役割を担うのは市民です。文化・芸術の価値も、クリエイターの価値も、共鳴箱の役割を果たす市民の存在を必要としています。共鳴箱があってはじめてヴァイオリンの美しい音色が響き始めるように、受け手である市民がいてはじめてクリエイターの技術、アイディア、才能が開花し、それがいずれ相互作用のもとで人類の文化・文明となります。

 

グローバル化・IT化がもたらした新しい状況は、新しい方法でクリエイターと市民の出逢いを創造することを可能にしました。クリエイターにとっては世界中を舞台として、市民と早いスピードでつながっていくことでチャンスを増やすことができます。そして創造された新しい出逢いは、クリエイターにとっても市民にとっても、生きる喜びやキャリアとなります。この出逢いを促進することこそが、GCMC Espace MUSEにおけるミッションの主軸です。

 

 Espace MUSE  | Win Aoyama 1403 15-2-2 Minami Aoyama Minato-ku Tokyo 107-0062 JAPAN

 TEL: +81 (0)50 5806 3674(Japan) / +33 (0)97 040 7931(France) | espace-muse@live.jp